カードローンで50万円借入れたとします。金利が15%として年間75,000円、毎月10,000円返していたとしても、そのうち金利相当部分は6,250円程かかります。すると月々の元本返済額は3,750円しか返せていないことになります。すこし減ったかなと思い、限度額(極度額)まではいつでもカードでの引き出し可能なので、手続きも簡単なため、再度限度額まで反復的に利用することになります。結局、いつまで経っても借入残高は減少しません。これが、カードローンの怖いところです。銀行だけでなく消費者金融でも取扱いをしているため、一人で何枚ものカードを保有することもできます。返済不能になって自己破産者が増加するのも頷けます。

借入の方法には『いい借入方法』と『悪い借入方法』が存在すると思います。『いい借入方法』とは前向きなことに使う返済計画に基づいた借入です。しかし、カードローンは使い方次第では、『悪い借入方法』の最たるものになると思っています。お金を借りることは、使い方しだいで『いい借入』も『悪い借入』になることもありますし、その逆もあります。要は使う人の考え方次第、計画がキチンと立てられるかどうかに係っています。

そもそも、カードローンが急激に浸透し、自己破産者が急増、社会問題にもなりました。金融機関の業務が低金利の影響で収益圧迫、そこで眼をつけたのが、高金利で収益にも貢献し、保証会社が100%保証してくれるカードローンだったのです。簡単な審査で借入の申込みができることに一因がありますし、何と言っても、「使わなければ金利は発生しません。保有しているだけで、いざというときに安心です。」といった売り言葉で各金融機関がセールスしました。

カードローンの正しい使い方は、短期間で返せる見込があって、緊急で資金が必要になった場合に、止む終えない時に利用するべきです。まとめて一括返済できる目処が、つかない場合は利用するべきではありません。ちなみに私の場合、かつての勤務先であった金融機関の職員から頼まれて作ったカードローン口座のキャッシュカードは基本的に使用しないので自宅には保管してありますが、使わないように手許には置いていません。くれぐれも使い方にはご注意ください。