住宅ローンやその他のローンなどを申込みすると、融資するのに問題がないか審査があります。銀行との取引がなく、今回の申込みが初めてという場合もたくさんありますので、個人信用情報は重要な情報源として利用されます。
ローンや融資を申し込んだ経験がある方なら、ご存知と思いますが、ローンの申込時に『個人信用情報の取扱いに関する同意書』という書類に署名されたことがあるはずです。独立した用紙の場合もありますが、最近では申込書とワンライティングでセットされていることもあるようです。結果的に個人信用情報を利用することに同意していることになります。

この「個人信用情報」はどういう情報が記録されているのかというと、
基本情報
• 氏名
• 生年月日
• 性別
• 住所
• 電話番号
• 勤務先など
ローンの利用情報
• 借入状況(ローンやクレジットカード、割賦販売)
• 当初借入金額
• 最終返済日等
返済状況
• 延滞
• 代位弁済
• 強制回収手続
• 解約
• 完済情報
当然、返済状況で延滞や法的な回収が実施されている場合、融資は全く無理になります。
もし、あなたが銀行等でローンの申込みをして、否決になった場合は個人信用情報のデータに基づく場合も少なくありません。念のため、自分の登録内容をチェックしておくことをお勧めします。ごく稀ですが、同姓同名等の間違った情報が記載されていることも過去にはありました。

個人信用情報を管理しているのは現在3つの個人信用情報機関です。
1.CIC((株)シー・アイ・シー)
主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟している個人信用情報機関。
2.全国銀行協会
銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟している個人信用情報機関
3.JICC((株)日本信用情報機関)
貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関の与信などの個人信用情報機関

この個人信用情報は、個人で開示の申し込みができます。以前は窓口へ行く、郵送で取り寄せることが主流でしたが、今ではCICやJICCはスマートフォンでも開示してもらえます(全国銀行協会は郵送のみ)。手数料は1,000円ほどかかりますが、スピーディに自分の情報を確認することができるようになりました。開示の申し込みをしてみようと思う方は、ぜひ各個人信用情報機関のホームページをご覧ください。

https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/