住宅ローン借り換えのメリットと言えば、住宅ローンの取扱い金利を引き下げ、毎月の返済額を減らすことです。ご存知の通り、住宅ローンの返済方法は元利均等払いがほとんどです。これは毎月の返済金額(元利金)を均等にして支払いやすくしてあります。しかし、反面、ローンの始まりは大部分を利息が占めており、元金部分はほとんどありません。言い換えると金利が低くなれば元利金の合計、つまり毎月の返済金額は少なくなるということです。

借り換えの場合、一般的には、
「金利差が市場金利と1%以上の差」
「住宅ローンの残高が1,000万円以上」
「返済残存期間が10年以上」であれば、借り換えするメリットが出るといわれています。

ところで、そもそもの素朴な疑問点ですが、何故、条件変更ではなくて、借り換えという手続きが必要なのでしょう?

要は借入れた当時との住宅ローンの金利が開きすぎているということなのですから、銀行に行って借入レートの引き下げ(条件変更)をしてもらえばいいと思いませんか?
そうすると、抵当権の抹消・設定などの余分な費用がいらないのですから、ますます手続きするメリットが出てきます。必要なのは、条件変更手数料ぐらいかなぁ。

そこで、住宅ローンの金利引下げのテクニック!!
まともに、引下げのお願いに行っても、あまりいい返事はもらえないと思います。
何故なら、金利の引下げは銀行の収益(儲け)が少なくなるからです。

近隣の他の銀行や信用金庫に行って、✖✖銀行で借りてる住宅ローンを借り換えしてもらった場合、金利はどれくらいになりますか?と相談してみましょう。喜んで取り扱ってくれると思いますよ。新規の顧客が相談に来てくれたのですから!

そして、提示された金利を現在利用中の金融機関に対して、〇〇銀行が、この金利で借り換えしてくれます・・・と言ってみましょう。おそらく、〇〇銀行の提示した金利に近い金利を出してくれると思います。ただ、同じようにとはいきません。借り換えた場合の諸経費程度に換算されたレート分は調整されるかもしれません。やはり、顧客をよそに取られてしまうのは避けたいですからね。

引下げとして提示されたレートに満足がいかないなら、相談した銀行や信用金庫に借り換え手続きをお願いしましょう。銀行から引下げしましょうか?とは言ってきません。何も動かないと何にも変わらないでしょう。

但し、あなたが銀行にとって、延滞等がない良好な取引先であることが大前提ですが・・・。