住宅ローンの相談の中での質問に多いのが、クレジットカードの支払いに対する質問です。

現在、クレジットカードは、決済の手軽さから利用される方は上手に利用されています。ご存知のように、クレジットカードには色々な機能があり、使いこなせばこれ以上便利なものはありません。

しかし、住宅ローンの申込み時に債務、つまり借入として、引っかかってしまう場合があります。

リボ払い、分割払い、キャッシングがこれに該当します。通常のショッピングで利用する一括払いやボーナス一括払いは全く問題ありません。何が違うの?と思われるでしょうが、違いは利息がかかるか、かからないかです。

何十万円もするブランドのバッグを一括払いでカード購入しても、全く問題ありませんが、残高不足で督促を受けている場合は論外です。決済日に入金するのを失念していた場合も問題ありです。この場合は出来る限り早く、自分からクレジット会社に連絡して(報告して)指示された通りに支払い手続きを行ってください。誠意が通じれば、おそらく事故情報にならずにセーフになると思われます。

リボ払いは、特に要注意です。リボ払いを選択した残高が10万円であっても、リボ払いショッピング利用可能額が50万円であれば、50万円利用しているとしてチェックされてしまいます。毎月2万円から3万円程度の返済があるとみなされます。これは住宅ローンの審査には大きく影響します。結果的に希望額まで借りられないことも起こりえるでしょう。

カードは利用が多いからダメなのではなく、有利子負債として返済比率に組み込まれるか、カード決済代金の延滞が起こっていないか・・・なのです。