銀行など金融機関は、自行が融資をしている全ての企業に、信用格付を付けています。信用格付が悪い企業は、銀行としては融資を行っても、最後まで返済されない可能性が高くなり、銀行はそのリスクを負う見返りとして、多くの利息をもらわなければなりません。
「なぜ、業績が悪い会社ほど金利を高くするんだ。儲かっているところからたくさん貰えばいいのに・・・」という声はよく聞きます。確かにと、思いますが理屈を考えるとやむをえないことなのでしょうね。

業績のいい企業にはメガバンクをはじめ、地方銀行、信用金庫などあらゆる金融機関が取引をしたいと考えています。当然、融資においても低金利しか相手にしてもらえません。場合によっては、金利入札といったことも考えられます。半面、先行きが見込めない企業に対して銀行は、最悪のケースも想定しています。債権、つまり融資の回収方法です。できることなら他行に肩代わりしてもらえないかな?と考えているかもしれません。
また、融資をしたまま、その企業は倒産してしまうかもしれません。貸倒れになった場合も見越して、銀行は金利を決めているのです。

なお企業と銀行との取引は、融資だけではなく、預金、振込や外国為替などの手数料、役員従業員取引、銀行関係会社との取引などもあり、それらをグルーピングとして、融資以外の取引により銀行が収益を得られていれば、信用格付が悪い企業でも銀行は金利を低めにしてくれることもあります。また担保や信用保証協会保証などの保全手段がある場合も、貸倒れリスクは小さくなるため同様です。

ただし基本的に、信用格付が悪い企業へは銀行は高い金利を設定したがります。業績が悪くなった時や、銀行にてリスケジュール、つまり毎月の返済の減額・猶予を行った時などに、銀行から金利の引上げを要求された企業は多いでしょう。

もし、あなたの会社が業績の悪い企業であり、金利を引き下げたいな・・・と思うのなら、売上増加、増収、コスト削減などの経営改善計画書を作成し、その中の経費削減計画の中で銀行にも金利の引下げという形で協力してもらいたい、と強調することです。
計画を通して業績改善の実現性が見込め、なんとか再建に協力してほしい、という姿勢を見せれば、協力してもらえる可能性は高くなります。