信用金庫と銀行はどこが違うのでしょう?
融資をお願いするのならどちらがいいのでしょうか?
実は、業務内容は同じであっても、その形態に根本的な違いがあるのです。

【広域型金融機関と地域型金融機関】

都市銀行、地方銀行などの銀行は、業務範囲に制限がなく、取引のメインとなるのは大企業が中心になり、融資の対象先としては、大企業から小規模事業者、ほとんどの法人・個人が融資を申し込むことができます。

一方、信用金庫は地域密着型の金融機関であるため、営業エリアも制限があり、資本金が9億円以下、従業員300人以下の中小企業や個人が融資対象先となります。

組織的には、銀行は株式会社であり、株主の利益が優先され、利益を追求する営利法人となり商法が適用されます。

信用金庫は、地域住民・企業が利用者・会員となって互いに地位の繁栄を図る相互扶助を目的とした共同組織の金融機関ですので、商法は適用されず商人ではないため、民法が適用されます。

しかし、営利法人、非営利法人といった違いはあるものの、預金として集めた資金を、企業・個人へ貸し出して受け取る貸付金利息で利益を得るというところは銀行も信用金庫も違いはありません。

ただ、信用金庫は、利益第一主義ではなく、出資している会員と地域社会の利益が優先されるため、預金として集めた資金は、地域の中小企業・商店・個人などに広く還元し、地域社会の発展に尽力する組織です。

よって、銀行よりも貸し渋りが少なく、延滞が発生した場合の回収も銀行よりも柔軟さを持って臨んでいる傾向があり、企業の業績や企業体力だけでなく、社長の人柄や企業の独自性、将来性も見てくれるのが信用金庫です。

一番気になる貸付利息については、一般的に信用金庫の方が銀行よりも若干高めになっているようです。これは、小口金融を主体としている信用金庫の宿命かも知れません。

なぜなら、銀行は大企業をメインにしており、一件当たりの融資金額が大きく必然的に収益が上がり事務コストを抑えることができますが、信用金庫は中小企業が対象先であり、一件当たりの融資金額が小さいために小口多数主義に徹する必要があり、どうしても事務コストが掛かってしまいます。

1件で1千万円の融資審査と1件当たり百万円の融資を10件取扱うのでは人件費等事務コストが高くなるのは当然の結果となり、維持するために必然的に金利が高くなってきます。

しかしながら、信用金庫は人的な繋がりを重視しており、訪問サービスも充実しているため様々な相談にも柔軟に対応しています。

取引先との関係で銀行をメインバンクにする必要があっても、信用金庫との取引はしておいて損はないと思います。

【定期積金集金サービスの利用】

信用金庫と銀行の違いが何となく見えてきたのではないでしょうか。

それでは、形態、業態の違いを踏まえたうえで、ちょっと違った視点で日常の取引について検討してみましょう。
信用金庫と銀行ではサービスに大きな違いがひとつあります。

それは、信用金庫の独自性ともいえる定期積金の集金サービスです。
定期積金とは、毎月決った金額を積み立ててまとまった金額を受け取るという方式の預金です。

以前は、銀行も行っておりましたが、今ではほとんどの銀行は業務効率化を図るため、集金サービスには消極的です。

しかし、信用金庫にとって定期積金は顧客と接点を持つための重要なツールであり、やめることはないと思われますが、最近、一部の信用金庫で若干、集金業務の消極化傾向が見られるようです。信用金庫は銀行とは組織的に違うのですから、本質を見失って欲しくありません。時代の流れなのでしょうか?

定期積金契約をして集金依頼すると毎月、営業担当者が集金に訪問してくれるのですが、一応、事前に確認してください。

集金訪問が可能であれば、これは実にありがたい制度であって、この時に融資の相談なども当然可能ですし、言い換えると店舗に行く必要もなくなってきます。

お住まい(もしくは勤務先)の地域に、必ず信用金庫と銀行があると思います。
今、どこの金融機関の、どこの店舗の預金口座を日常、利用されていますか?

金融機関の立場からすれば、新規での融資申し込みは大歓迎なのですが、何故、ここを選ばれたのか、営業エリア内に居住、もしくは勤務されている方なのか、安定した職業に就いている方なのか、大変気になるところです。

設備資金や運転資金など事業資金を借りるのであれば、融資だけでなく総合的な視野で選択するほうがベターといえるのではないでしょうか。

住宅ローンや教育資金、マイカーローン等の消費性資金については、どこの金融機関でも制度化されていますので大きな違いはないと思います。

全くのゼロからの取引よりも、日常的な決済に利用している金融機関、言い換えると電気、電話、水道、ガスなどの口座振替契約、売上入金、振込、給与振込などの利用をしている金融機関、テラーの担当者、営業担当者など顔見知りの人がいる金融機関を選ぶのも大きな強みとなってきます。

最近はATMやインターネットバンキングなど非対面取引が普及しており、窓口で口座の入出金を行うことも少なくなって来ており、金融機関の職員との接点が無くなってきています。

人的な繋がりこそ融資の申込みに当たっては大事な選択肢と言えるでしょう。

【まとめ:違いをメリット、デメリットで区別】

一言で言うと、融資金利が比較的低いのは銀行、また組織力やスケールメリットで選ぶなら銀行ということになるのでしょうね。

少々、融資の金利が高くても、定期積金の集金サービスなどを通じて、人的なつながりのサービスで選ぶなら信用金庫といったところでしょうか。

しかしながら、それぞれにメリット・デメリットはありますので、プラス要因、マイナス要因を十分考慮して選別してください。

以上を念頭において検討すると、信用金庫と銀行との形態、業態の違いを踏まえた上で、融資依頼先として自分自身に一番どこがベストなのか、頭の中に浮かんでくるのではないでしょうか。