借入金の毎月の返済が、重荷になってきたらどうしますか?
無理をして返済を続けた結果、何か月分も返済が滞ってきた・・・ということになりかねません。
返済回数が何か月分も溜まってくるとどうなるのでしょう?
一般的に3か月分の返済が滞ると、金融機関は保証会社等に対して代位弁済手続きに入ります。それまでに、ご本人宛に、電話督促や文書での督促がおこなわれます。つい、うっかりしていた・・・ということもあると思います。できれば、その時点で延滞を無くすように心掛けましょう。

代位弁済とはどういうことなのでしょう?
金融機関は延滞になっている融資金を保証会社に対して残高を一括請求します。
保証会社は、調査の上、残額を金融機関に対して支払います。
当然ながら、あなたの借り入れた融資金は債権譲渡されて、債権者が金融機関から保証会社に移ります。以後は金融機関とは関係がなくなり、保証会社に対して返済を続けることになってしまいます。
住宅ローンの場合は不動産に抵当権が設定されていますので担保権を行使されることも考えられます。
そしてブラックリストに載せられて、今後は融資を受けることは出来なくなります。

こういった事態を避けるためにどうしたらいいのでしょうか?
リストラにあって所得が激減した、ボーナスが出なくなったなど、当初に比べて返済を続けることが、少しでも困難になったら、出来るだけ早く借入を受けている金融機関に相談しましょう。返済の軽減など一番いい方法をとって延滞にならないように考えてもらえるはずです。

金融機関にとっても早く相談してもらえる方が対応がとりやすくありがたいのです。いいお客さんでいてもらいたいですからね!法的な回収処分を受けないためには、早め早めの対応が必要です。なかなか3か月分の返済を、まとめて返済はできません!遅れが出る前に相談し対処すること・・・初期対応!これが一番、大切です。