西村大臣は、8日夜の会見で、酒類の提供停止や休業要請に関して、「応じていただけない店について、金融機関に順守の働きかけを行っていただくよう依頼を検討している」と述べた。

 この発言を聞いたとき、この人、何、言うてんの?と一瞬、聞き間違いかと思いました。

金融機関から要請を行うということは、取引先によっては、資金繰りのことを考えれば、断れない場合もありえる。

「優越的地位の濫用」の成立要件

独占禁止法上、「優越的地位の濫用」が成立するためには、

  • 地位要件

一方当事者が他方当事者に対して「優越的地位」にあること

  • 濫用要件

優越的地位を利用して、不当に相手方に不利益を課すこと

  • 公正競争阻害要件

正常な商慣習に照らして不当に行われていること

の三要件を充足する必要があります。これらのいずれかが欠ければ、「優越的地位の濫用」には該当しないとされています。

該当する行為としては、

取引と無関係で相手方にメリットのない製品・サービスを買わせる行為

勝手な都合で相手方の経済上の利益(金銭・サービス・知的財産・人員など)を要請する行為

正当な理由のない商品受領拒否・返品や支払遅延などで相手方が不利になるような取引条件に変更する行為

などが、該当します。