小規模事業者持続化補助金の公募締切りまで、あと10日間。
今、あせって作成中!・・・という方のために、申込みの順序を、再度ご説明いたします。
公募の期限は、平成30年5月18日(金)当日消印有効となっています。
① まず、事業をされているところが商工会議所のエリアでしたら
日本商工会議所  http://h29.jizokukahojokin.info/
商工会のエリアでしたら
全国商工会連合会 http://www.shokokai.or.jp/
から公募要領、申込み様式1、2、3,5をPC保存(4は商工会議所が作成します)
② 公募要領は、よ~く読んでくださいね。
記載のサンプルも用意されていますが、内容的にはイマイチでしょぼいですので、参考程度にしてください。お店の写真や商品などアピールする内容を“写真”などデータ貼り付けしてアピールしましょう。ページ数は自由ですが、少なからず、多からず・・・で適度にお願いします。
様式4というのは、商工会議所や商工会が発行してくれますのでセットされていません。受付証明みたいなものです。
③ 様式1、2、3、5がそこそこ記載できれば、管轄する商工会議所等へ持ち込んで見てもらいましょう。そこで、いろいろアドバイスしてもらえると思います。
申請書のチェックをしてもらいたい方は遅くとも締切りの3日前には持ち込みましょう。
そして様式4を発行してもらいましょう。(受け取りは後日になると思われるので、時間にある程度のゆとりを持って・・・)
代表者が65歳以上の事業所さんは『様式6 事業承継診断書』という書類ももらってください。
④ ここまでくれば、あとは申請に必要な書類を揃えて(公募要領に記載されています)18日までに事務局へ郵送しましょう。
⑤ 採択されることを念じつつ、7月の採択結果をひたすら待ちます。
あっ、それから採択結果が出るまでは、申請した取り組みに取り掛かることができませんので注意が必要です。

以上、簡単に申請までの流れをご説明しました。
まぁ、出来ることなら、少しでも早めに商工会議所等へ相談にいって十分に満足できる申請書を作成し、50万円をゲットするように致しましょう。締切り当日は受け付けてもらえない可能性がありますよ!