平成29年度補正予算・小規模事業者持続化補助金の取扱いがいよいよ
始まりました。申請期限は平成30年5月18日(金)です。
時間はたっぷりありますので、以下の点に注意し申請書を完成させましょう。

所在地の商工会議所や商工会にアドバイスを受けながら、作成することも
できます。補助金をゲットして事業の拡大に有効利用しましょう。

* 提出する先は事業を営んでおられる地域の商工会議所・商工会です。
申請に基づき、商工会議所・商工会から“様式4”を発行してもらってください。

申請書は、提出先により様式が違いますのでお間違えの無い様に・・・。

申請書・公募要領は下記ホームページから入手してください
日本商工会議所   https://www.jcci.or.jp/
全国商工会連合会  https://www.shokokai.or.jp/

* 持続的な経営に向けた経営計画を策定し、地道な販路開拓の取組であること が必要です。
広告宣伝、集客力を高めるための店舗改装、商談会・展示会への出展、
商品パッケージやラッピング紙の変更、ホームページの開設・リニューアルetc

  • 補助金額は50万円を上限に補助率2/3になります。

総費用75万円以上の場合補助金は50万円

総費用30万円の場合補助金は20万円です。

(条件付きで別途上限100万の取組もあります)

  • 対象事業者は小規模事業者になります。
  • 卸売業・小売業  常時使用する従業員数  5人以下

サービス業        〃       5人以下

サービス業のうち宿泊・娯楽業      20人以下

製造業その他       〃      20人以下

  • 申請書 様式1  申請書

様式2  経営計画書

様式3  補助事業計画書

様式4  (申請に基づき、商工会議所・商工会が発行します)

様式5  交付申請書

* ポイント

審査される方は、地域の事情は全く知らない方だと思って作成する必要があります。
申請書に記載された内容で、どれだけ取組み内容をアピールできるかがキモになります!
様式2と3には、文章の説明とともに適宜、商品やメニュー、お店の内観や外観などの写真を貼り付けましょう。
環境対策やバリアフリー対応、地方創生対応、観光資源を活用する取組み、地域経済活性化、市場の特性、独自性・創意工夫の特徴があるか・・・などのキーワードは大変有効です。