小規模事業者持続化補助金の公募締切り5月18日まで、あと3日となりました。
地域の商工会議所等で『様式4』を受け取って、提出書類が揃いましたか?
事務局へ送付するに当たって、漏れがないかよ~く確認してください。
せっかく、提出しても提出書類に不備があると審査に廻してもらえなくなりますよ。

【公募申請の注意事項】(過去の実施状況を踏まえて)
申請書類一式について、必要書類等がすべて揃っているか、発送前に、今一度ご確認してください。必要書類等に不備のある場合、審査してもらえないことがあります。
*必要書類等は、それぞれの応募の内容によって、一部異なります。
*「公募要領」巻末(P90~P94)の「Ⅳ.応募時提出資料」および、それぞれの様式ごとに必要となる「添付書類」(各様式に記載)をよくご確認して、「漏れ」の無いよう、十分注意してください。
特に、
 ○「様式4」(地域の商工会議所や商工会が作成・発行した事業支援計画書)の提出【必須】
 ○「電子媒体」(CD-R・USBメモリ等)に必要事項を記入した以下のデータを
  すべて保存しているものの提出【必須】
 ・様式1(申請書)
 ・様式2(経営計画書)
 ・様式3(補助事業計画書)
 ・様式5(交付申請書)
 ・様式2-2(事業承継計画書) *「事業承継計画加点」の付与希望者のみ必要
 ○代表者の生年月日が確認できる公的書類(写し)を提出【必須】
 ○代表者の年齢(平成29年12月31日現在)が満60歳以上の場合、
  地域の商工会議所が作成・交付した「様式6」(事業承継診断票)の提出【必須】
 ○「従業員の賃金を引き上げる取組」を行う事業者の場合、様式7および賃金
  台帳(写し)の提出【必須】
 ○「買物弱者対策事業」として補助上限額の引き上げを希望する事業者の場合、
  様式8および様式9(事業予定地域の市区役所・町村役場が発行)の提出【
  必須】
などです。
当日消印有効となっていますが、余裕をもって提出しましょう。
採択お祈りしています!