無借金経営の会社、借入してもすぐに繰上返済してしまう会社が、結構多く存在します。

もちろん、無借金のほうが財務体質が良くなるので、それはそれでいいのですが、金融機関と良好な関係でうまく、付き合っていくには無借金経営は、なかなか難しいものがあります。

日常の資金繰り相談などを通じて、銀行の担当者や支店長とコミュニケーションを図ることが肝心です。
そうすると、窓口への用事だけで銀行へ行っても、融資のカウンターや応接室などへ通してもらえることもよくある話です。融資取引がないと、一般的には窓口だけで終わります。

いくら財務内容が良好でも、突然、融資の申込みをすれば銀行の担当者は、どう思うでしょうか?

経営状態が悪化したのだろうか?取引先の受注が減少したのだろうか?これまで、何度も融資セールスをしたけど、
全く取り合ってもらえなかったのに一体どうしたのだろう?・・・などいいことは、まず、考えません。

また、新規融資の場合は要求される書類も多く、決裁日数もそれなりに掛かります。継続的に利用している場合は、
ほとんど要求されません。

支払い準備資金として、当面は必要のない借入金でも借入するぐらいの取引状況が必要です。期日にキチンと返済して、また借入する・・・これが「信用」の構築だと思いますが・・・