銀行など金融機関は『融資の5原則』という基本原則に基づいて融資を行っています。

これを度外視した融資申込みは、決裁されることはありません。

融資の5原則は以下のとおりです。これを押さえておくと、いろいろと交渉しやすいかも・・・。

① 安全性の原則

安全性の原則は、融資が期日に確実に回収されることです。金融機関にとっては一番大切な原則です。
この安全性の原則が崩れ、契約通り回収できないと、金融機関では不良債権が発生してしまいます。金融機関にすれば資産の健全性を支える原則です。また、この原則が崩れると、銀行自体の経営に大きな影響が出てきます。

金融機関では融資に際して、資金使途の妥当性、約定に従って円滑に返済可能かどうかという財務能力、返済財源、企業の信用力等の審査をします。

② 収益性の原則

収益性の原則は、金融機関が信用リスクに見合った適正な利潤を確保することです。金融機関も当然ビジネスですので、採算を確保しようと考えます。

③ 成長性の原則

成長性の原則とは融資の結果、その企業の健全な成長に寄与するかと言うことです。この判断のために、金融機関は業界全体の将来性、業界内の地位、競合先の動向、販売力、商品力、経営者の手腕などを総合的に評価するのです。
また、成長性の原則では、融資先が成長とともに自行も成長したいと考えています。

④ 流動性の原則

流動性の原則は、融資は繰り返し、継続して行われ回転させることです。
履行約束に基づいた条件通り返済してもらうことが大前提です。回収した資金をまた、他の会社に新たな貸出資金としても運用できます。

⑤ 公共性の原則

公共性の原則とは、金融機関の社会的責任の表明です。ビジネスとして儲かれば良いと言うのではなく、融資先企業に公共的な使命、社会的意義が認められなくてはなりません。
具体的には、金融機関では公序良俗の観点から、融資先が法令や行政上の規則、指導に従いビジネスを行っているか判断しています。反社会的な行為、人物、団体には融資できません。

融資申込みの時点で、一番、重要視されるのは、安全性の原則です。つまり、その融資金が約束通り返してもらえるかどうかです。
言い換えると、借入申込みの時点で、その融資が決定されるかどうか8割方は、「あなたの返済根拠と説明」が重要と言うことになってきます。