多くの土地や建物等、多額の資産を所有しておられるのですが、返済に見合った、収入がない方からの融資相談も時々見受けられます。融資は約束された返済条件で約定どおり返済されて完結します。また、生活に影響を与えるような返済計画も受け入れることはできません。
  どうして返済されるのですか?と尋ねると、滞るようなことがあったら、担保に取った土地を売却してくれたらいい・・・とのこと。
  貸し手側である金融機関からすれば、毎月決った返済元金と貸付金利息を受け取ることが大前提です。
  不動産を担保にして売却や競売等の法的処分することは、最終の債権回収手段であり健全な融資金の回収手段ではありません。金融機関は不動産業ではないのですから。
  申込時点で返済に見合い、安定した収入がない場合は、いくら価値の高い担保物件があっても融資対象先としては不適格ということになります。資金使途も大事ですが、当初から返済財源のない融資の受付はできません。