銀行口座の入出金の推移は融資審査のプラス材料になります。

銀行融資の審査は決算書の分析などをもとにした「返済可能性」「資金の効果」などを中心に行っていますが、補助的な審査資料として預金口座の推移も銀行融資担当者は見ています。
入金はどこから振り込まれているか、一か月の入金金額はいくらぐらいか、預金の平均残高はどれくらいか、支払い等の決済はいつされているのか、など口座の動きを見ています。3か月程度の口座の動きを見ることで融資先の実態が把握できます。

えー、そこまで見られるのはいやだからと・・・、入金や出金は別の銀行口座を利用した場合はどうでしょうか?結論的にはマイナスでしかありません。
銀行融資の担当者は融資取引だけでなく、融資先との総合的な取引を目指しています。いわゆるメインバンクです。
総合取引とは、すべての事業関連の取引、売上の入金先として利用してもらうこと、買掛金や給与の支払口座として利用してもらうことなどです。

毎月売上金が口座に、振り込まれているのが確認できれば、融資の申込みがあっても返済源が確認できるわけですからこれ以上のものはありません。また、業績は決して良好とは言えない先であっても、日常の入金・出金口座として利用してもらい、銀行窓口に来店していただいている顧客であれば、必要最低限の支援は検討しなければならないなどと、その効果は計り知れません。

言い換えれば、口座をうまく利用することは、銀行をうまく利用することであり、最高のツールなのです。